ナンバー変更 希望ナンバー

希望ナンバー 申込

ナンバー変更をするとき、4桁の数字を希望の番号にできます。

希望ナンバーに変更するには、平日の昼間に1回陸運局まで行く必要がありますが
他の手続きは全てネット上で済ますこともできます。

自分の車を希望ナンバーに変更する方法を説明します。

希望番号申込サービス

希望ナンバーをインターネットで申し込む場合は
リンクから申込サイトに行ってください。

「新規申込」をクリックします。

個人情報の取扱いについてを読んだら
「申込フォームへ」をクリック。

申し込む人の名前をカナで入力します。
誰の名前でも構いません。

連絡が来ることはまずありませんが、電話番号は連絡が取れるものを入力。

メールアドレスは、この後に確認作業が入りますので
すぐに受信できるアドレスを使いましょう。

パスワードは内容変更の時に使います。
1回しか使いませんので何でもいいです。

「次へ」をクリックすると確認画面が表示されます。
メールアドレスに間違いがなければそのまま進んでください。

確認のメールがすぐに来ますので
本文中のリンクをクリックして申し込みを続けます。

登録自動車と軽自動車を選びます。

この後はすべて登録自動車(普通車)の希望ナンバー手続きになります。



現在の車の状態を選びます。

通常は「ナンバープレートが付いている」だと思いますが、
当てはまるものを選択して、「次へ」をクリックします。

車検証の使用の本拠の位置と
希望ナンバーでの仕様の本拠の位置を選びます。

仕様の本拠の位置は、普通は使用者の住所ですので
自分の車でしたら自分の住所ですが、一応車検証で確認してください。

ナンバーを変えるだけなら新旧同じ住所を選べば良いです。

ここは車検証から転記します。

車体番号、登録番号又は車両番号、使用者の氏名又は名称。

これらは全て車検証に同じ項目があります。
間違いの無いように入力してください。

希望ナンバーの情報です。

車両種別の普通、小型も車検証に出ていますが、
今付いているナンバーが、3ナンバーなら普通、5、7なら小型です。
商用車は1ナンバーが普通、4ナンバーが小型です。

用途は、自家用か事業用。
普通の白いものは自家用です。

標板の種類は、ペイントか字光式ですが、通常の物はペイントです。
字光式にする場合は前後に器具を取り付ける必要があります。
器具はナンバーセンターで購入できますが、取付けはしてくれません。

標板の大きさは、普通の車に関しては中板2枚(前後なので)です。

使用者の氏名はナンバー変更だけなら入力不要です。

「次へ」をクリックすると希望ナンバーの入力画面になります。

「抽選対象希望番号」が表示されますが、
これらの番号については毎週月曜日に抽選で1週間に2個しか出ません。

すぐに変更できなくても良ければ、選んでも良いと思います。
過去連続4回外れたことがありますが、5週目に当たりました。
何回外れても当たるまでは費用はかかりません。

これ以外のナンバーの組み合わせは、全て無条件で取れます。

ただし、この抽選対象番号は各陸運支局によって違うことがあります。
これは品川ですが、例えば富士山は3776が抽選です。

申し込み内容を確認して、間違いがなければ「申込」をクリックします。
これで希望ナンバーの申込みは完了です。

ほどなく、再度メールが届きます。
メールの内容を確認したら
記載されている口座に希望ナンバー代を振り込んでください。

振り込むと希望ナンバーが「確定」しますので、変更がある場合は振込前にしてください。

場所によって違いますが、希望ナンバー代は4,100円~4,200円だと思います。

名義人の頭に受付番号を付けて振込みますが、すべてメールに記載されています。

入金確認が取れると、確定内容が記載されたメールが届きます。

希望ナンバーの交付可能期間(通常入金確認の3日後から1ヶ月)
の間に陸運支局まで手続きに行ってください。

希望ナンバー手続きの際に、受付番号が必要になりますので、
メールを印刷するかメモをしておいてください。
Webメールを使っている場合は携帯でも表示できれば大丈夫です。

希望ナンバー 陸運局 手続き

希望ナンバーの準備ができたら陸運局にその車で行きます。
必要な物は車そのものと車検証、希望番号の受付番号、本人が行く場合は印鑑です。
他人が行く場合は委任状が必要になります。

また、オートローンで所有権がついていたり、リース車で所有者がリース会社の場合は
所有者の委任状が必要になりますので、各会社に問い合わせてください。
希望番号に変えるだけでしたら通常はすぐにもらえます。

陸運局に着いたら、まずナンバーセンターに行きます。


希望ナンバー受付のカウンターで、インターネットで申し込んだ旨を伝えてください。
希望番号用マークシートに受付番号を書かなければいけないところと
受付番号だけ伝えればよいところがありますので、言われたとおりにします。

希望ナンバーの「予約済票」を受け取ったら、その他の書類を準備します。

たいていは同じ建物内に「用紙販売」のカウンターがありますので
第3号様式のOCRシートを1枚購入します。30円だったと思います(違っても10円くらい)。
その他、手数料納付書が必要ですが、それは言えば無料でもらえます。

OCRシート(マークシート)は鉛筆で記入します。④以下はペンやスタンプでも可です。

一番上の「自動車登録番号標交付」にチェック。


業務種別:6の番号変更

番号指示(種別):普通は3、小型は5

(用途)左:同じなんですが普通は1、小型は2 右:自家用は1
(標板)左:字光式以外は空白 右:4の小板二枚

②申し込んだ希望ナンバーを書きます。品川だったら品川に行きますので支局は書きません。

③車体番号の下7桁を記入。国産車はハイフン以降、輸入車は後7桁です。

④申請人は車検証の使用者です。本人だったら本人の住所・氏名を書いて印鑑を押します。

申請又は請求の理由は「毀損のため」にしておけば間違いありませんが
「希望番号に変更のため」でも大丈夫です。

⑤代理人が行く場合はここに住所氏名を記入します。

手数料納付書は、名前とナンバーを書くだけです。
番号変更だけなら無料です。

自動車登録番号又は車体番号:旧登録番号を記入
所有者又は使用者の氏名又は名称:名義人の名前を記入
申請人又は申請代理人の氏名:手続きに行った人の名前
項目がずらずらと書いてありますが、真中下の「番号変更」にチェック。

書き終わったら手数料納付書、車検証、OCRシート、希望番号予約済票を揃えて
陸運支局の「登録」カウンターに提出します。

支局によっては、「先にナンバーを返してきてください」
と言われるケースもあると思いますので指示に従ってください。

しばらく待っていると名前を呼ばれて、新しい車検証を受け取れます。

内容に間違いがないか確認をして、問題が無ければ税申告に行きます。
(違うところもあるかもしれませんので車検証を受け取る時に次はどこか念のため聞いてください。)

税申告と言っても番号が変わっただけですので費用はかかりません。
用紙に住所・氏名や車の情報を記入して提出します。

次に、まだ旧ナンバーを返していなければ、前後とも外して
最初に行ったナンバーセンターに返却します。
後の左側には封印がありますが、マイナスドライバー等で突き破れますので
そのあとで普通にプラスのドライバーで外してください。

返却後に希望番号のカウンターで、新しい希望ナンバーをもらいます。
先に費用は振り込んでいますので、ここでも費用はかかりません。
封印されるまで車検証はここで持って行かれます。

前後に新しい希望ナンバーを取り付けますが、左後には封かんを共締めします。

最後に封印をしてもらいますが、これも封印所に並ぶところ、
待っていれば来てくれるところがありますので、プレートをもらうときに確認してください。

車体番号を確認して封印が終わると車検証が戻ってきます。

これでナンバー変更は終了です。

登録番号の変更は保険会社への通知義務がありますので、
忘れずに保険会社に連絡するようにしてください。

new

関連記事

希望番号申込書作成ツール

希望番号申込書作成ツール

ご当地ナンバーが追加されました。 喜んでいる方もいらっしゃるんだと思いますが、正直「世田谷」ナンバ

記事を読む

kb_001

希望ナンバー

車 希望ナンバー 希望ナンバーは、ナンバープレートの4桁の数字を希望の番号にできます。

記事を読む

new

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

new

希望番号申込書作成ツール
希望番号申込書作成ツール

ご当地ナンバーが追加されました。 喜んでいる方もいらっしゃるんだと思

no image
査定バンク

横にバナーを貼っておいたら意外と反響が高いのでちゃんと紹介しておきます

排ガス検査
ユーザー車検 排ガス検査

ローラーを出たら排気ガスの検査です。 エンジンをかけたまま(排ガ

検査ライン
ユーザー車検 ブレーキ検査

ローラーに乗った状態で、最後にブレーキの検査です。 フットブレーキと

ユーザー車検 ヘッドライト検査
ユーザー車検 ヘッドライト検査

続いてヘッドライトの検査です。 ローラー上でヘッドライトをハイビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑